2008年4月に関西第三研究部会を存続部会として、関西第二研究部会と関西第三研究部会が合併し、関西第二研究部会と改名しました。旧・関西第二研究部会の研究活動は以下の通りでした。
過去の研究活動

2006年「倒産手続と担保権」
「リサーチツール特許に関する法的諸問題」
2005年「ライセンサー破産と特許ライセンス契約の保護」
「平時に役立つ編集会社法−上場会社編−」
2004年「中間法人制度の概要と、企業における中間法人制度の有用性」
「独占禁止法における特許・ノウハウガイドラインの考察」