■ 月例会のご案内   
2018年5月2日(水)


会員各位
医薬品企業法務研究会
会長 戸邨啓子
医法研「5月度月例会」及び「交流会」開催のご案内


拝啓、時下益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
標記月例会を下記の通り開催致しますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。
引き続き、東京で年に1回の交流会を開催いたしますので、特別講演終了後、「阿蘇」に移動、ご参加
いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※5月の月例会開始時刻は、14:00になっておりますので、ご留意の程お願い申し上げます。



1.日  時: 2018年5月15日(火)  14:00〜19:30

2.場  所: アルカディア市ヶ谷 6F 霧島  (地図)

.         
3.月例会内容 :
 
●総会・役員会報告
 
   
14:00〜14:10
 
 
●部会発表
「国内の他の法制度との関係を踏まえた内部通報制度の設計上および
                       運用上の留意点」
  訟務問題研究部会
   
14:10〜15:20
  内容:
2000年代初頭より、食品偽装や自動車リコール隠しなど、消費者の安全・安心を損なう企業不祥事が、企業内関係者からの通報を契機として相次いで明らかになりました。そこで、公益通報者の保護を図るとともに、国民の生命、身体、財産の保護に係る法令の遵守を図ることを目的に公益通報者保護法が制定され、多くの民間企業においても内部通報処理の仕組みとして、内部通報制度が導入されました。しかし、同法施行から10年以上が経過し、同法のガイドライン改正や個人情報保護法の改正、また刑事訴訟法改正に伴う司法取引制度の導入など、関連法令等の制改定に伴って、内部通報制度の運用上・設計上留意すべき点が新たに生じてきているため、考察した結果を発表します。
 
●部会報告
「医薬品をめぐる契約書式集」改訂2版の報告
  特別研究部会
   
15:20〜15:30
 
 
●コーヒーブレイク
 
   
15:30〜15:50
 
 
●特別講演
「 コーポレートガバナンスの真相」
  森・濱田松本法律事務所 
 弁護士 菊地 伸 氏
   
15:50〜17:20
  内容:
 コーポレートガバナンス・コードが制定されてから3年が経過し、この間、日本企業のガバナンスの実相は少しずつ変化してきました。取締役会の構成などのシステム変化のみならず、2018年3月期はROEも10%を超えたと報道され、資本コストに対する意識も高まっています。本講座では、.魁璽櫂譟璽肇バナンスの基本概念を簡単におさらいした後で、代表的なデータに基づき、日本企業のガバナンスの現状(医薬品分類の上場企業のガバナンスにも焦点を当てます)を説明し、コードが目指すガバナンス像と現状の乖離を明らかにします。また、6月に予定されるコード改訂は、乖離のコアの部分を手当てしたものあり、個別企業の対応を巡り社内で予想される議論の論理を分析します。ぅバナンスが具体的に問題となるいくつかの場面(後継者決定、M&Aにおける対象会社の取締役会の決定など)を抽出し、ガバナンスがいかに機能するか、あるいは機能させるかを法的観点・実践的観点から論じます。最後に、ヂ身する企業不祥事に関連して、コーポレートガバナンスにおけるリスクマネジメントの監督に関するシステム論に触れます。
 
●交流会
 
   
17:30〜19:30
  内容:
 月例会特別講演に引き続き、東京で年に一度の交流会を開催いたします(月例会ご参加の方は、特別講演終了後、「霧島」に移動願います) 。交流会は、医法研会員企業の皆様(登録会員でなくても参加できます)のほか、これまで講演等でお世話になっている先生方、医法研OBやOGの方々など、多くの方々にご参加いただき、互いに親睦を深めていただく場です。ビュッフェ・スタイルで飲食もご用意いたします。月例会はご都合がつかない場合、交流会のみのご参加も可能で、また途中での出入りもできます。皆様、お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加願います。費用は無料です。
(お手数をおかけしますが、ご参加いただけます場合は、参加者名を、医法研サイトの「会員用ページ」→「月例会」及び「交流会」の双方にご記入願います。登録会員外のご参加につきましては、登録会員の方が、ご記入ください。)

※今回は通常と違い、交流会にご参加いただく場合は、同日開催の5月度月例会も、会員会社の社員であれば、登録会員以外の方も無料でご参加いただけますので、ご参加ください。

※6月度月例会は、6月19日(火)に「フクラシア八重洲」(A会議室) にて開催の予定です。
 
    
(お願い)
1.出欠回答につきましては、締切日までに下記URLよりご返答下さい。
      http://www.ihoken.or.jp/kaiin/
2.登録会員以外の会員会社の従業員等は、登録会員の代理として、当会会員専用ウェブサイト上で申込みいただくことにより、代理出席できます。代理出席いただけるのは、会員会社の従業員等の方です。会員会社に在籍のまま、グループ会社等、他社に出向されている方を含みます。
敬具
閉じる